乳酸菌革命とビオフェルミンの違いとは

   

乳酸菌革命とビオフェルミンは、どちらも乳酸菌の働きによって、腸内環境を整えてくれる商品ですが、
どのような違いがあるのでしょうか。
まず、ビオフェルミンは指定医薬部外品、つまり、医薬品扱いではないものの、医薬品に準ずる商品になります。
特に、腹痛を伴う下痢や軟便が続く場合には、ビオフェルミンに含まれているフェーカリス菌末と言う乳酸菌の
働きによって、腸の働きや腸内菌のバランスを整えてくれます。
善玉菌が、腸内環境を整え、下痢や便秘などの便通を改善する効果もあります。
効き目が穏やかで、他の薬と比べると副作用の心配も少ないようですが、
ビオフェルミンは、頻繁に使用したり、量を多く服用すると副作用とみられる症状が出る可能性もあります。
また、妊娠中、授乳中の方は、控えなかればなりません。
乳酸菌革命は、乳酸菌サプリメントになるので、1日服用する量をきちんと守れば、副作用の心配も殆どありません。
その為、妊娠中、授乳中の方でも医師の了解を得られれば、服用することが可能になります。
薬ではないので、即効性はありませんが、飲み続けることで、腸内環境を整えてくれます。
便秘解消やポッコリお腹、ガスが溜まりやすい体質の改善、コレステロールの減少、ダイエットなど幅広い効果が
期待できます。
しかし、原材料に大豆が使われている事から、大豆アレルギーの方はやめておいた方が良いでしょう。
急な症状の改善には、ビオフェルミンが有効で、慢性化しているお腹の悩みを改善するには乳酸菌革命を
飲み続ける方法と、上手に使い分けてみると良いでしょう。

 - 未分類